東京都でお酒買取ができるおススメの買取店5選!

1.東京都でお酒を高く売るために

「お酒を高く売りたい」と買取査定を検討されている方は、お酒の保存状態と同様にお店選びが重要なポイントです。東京都は23区をはじめ、各市区町村の方が利用できるお酒の買取店が充実しています。しかし、ご自身で複数のお店をリサーチして買取査定に依頼するのは面倒なため、査定依頼を先送りしている方も多いのではないでしょうか。そんな方のために、以下の記事では東京都でお酒の買取り実績が豊富なお店をご紹介します。買取店ごとに高く買い取れる特徴があり、どのお店も東京エリア全域に対応しています。

このページの目次

1.東京都でお酒を買取できる店舗一覧

東京都で保管しているお酒を少しでも高く売るためには、売りたいお酒に合ったお店選びが重要です。例えば、「お酒買取専門店JOYLAB」は、お酒専門の買取店のため、幅広いお酒の品目に対応しています。また、他ジャンルの買取りでも有名な「バイセル」では、ウィスキーやブランデーの高価買取りが強みです。こちらの記事では、東京都でおすすめの買取店をご紹介しています。お店ごとの特徴を参考にしながら、売りたいお酒に合ったお店を選んでみてください。

2-1.キングラム


	キングラム


買取店名
キングラム
WEBサイト
http://www.kingram.co.jp
キングラムの買取実績

オールドパー
買取ジャンル: ウィスキー
「オールドパー」は1871年に生まれたブレンデッドウィスキーで、日本でも明治時代から愛飲されており、馴染み深い銘柄です。スコットランド各地で生産される異なるウィスキーの魅力を融合し、理想的なブレンデッドウィスキーに仕上げています。贈答品としても人気が高く家庭でもよく飲まれている銘柄で、需要が高いお酒です。


ヘネシーのブック
買取ジャンル: ブランデー
ヘネシーはフランスのコニャックに本社を置くジャズ・ヘネシー&カンパニーが生産するブランデーです。ヘネシーはブランデーの中でもコニャックに分類され、コニャック地方で生産されるブドウだけをを原料にしています。お酒の保存状態もよく、「ブック」の名のとおり、辞書型のケースも付属していたため、高値で取引きされていました。


マッカラン 10年
買取ジャンル: ウィスキー
ザ・マッカラン」はスコッチ生産地の一つ、スペイサイド地方で蒸留されたシングルモルト・ウィスキーです。製法は素材や水、樽に至るまで徹底管理され、費やした手間がマッカランの味に反映されています。「ザ・マッカラン10年」は最低10年熟成させたレアなお酒のため、高値での取引きが期待できるでしょう。


SATEeeeお酒買取事務局から一言!キングラムのここがおススメ!
キングラムは全国では99店舗を展開しており、東京エリアでは江戸川区に3店舗、八王子市、世田谷区、台東区にそれぞれ1店ずつ実店舗を構えています。キングラムは海外のバイヤーが多く集う業者向けのオークションを常時開催しており、高く売れるルートを確保していることが特徴です。「高く売れるからこそ、高く買い取れる」という仕組みを買取価格に反映しており、その結果グループ全体で年間50万人以上が利用しています。中古市場の情報をリアルタイムで入手しているため、安心して利用できるお酒の買取店です。

2-2.バイセル東東京センター


	バイセル東東京センター


買取店名
バイセル東東京センター
WEBサイト
https://www.speed-kaitori.jp/liquor/
バイセル東東京センターの買取実績

Hennessy
買取ジャンル: ブランデー
買取金額: 188,000円
ヘネシーはフランス西部のコニャック地方で生産されているため、「コニャック」とも呼ばれていますが、ブドウを原材料としたブランデーです。使用するブドウはコニャック地方のなかでも生産する畑を限定し、品質を徹底管理しています。お持ちいただいたお酒は液面の低下もなく状態の良かったため、高価買取となりました。


REMY MARTIN
買取ジャンル: ブランデー
買取金額: 106,000円
レミーマルタンはフランスのコニャック地方で生まれたブランデーです。ヘネシーと並び「コニャック」と分類され、日本でもよく知られおり、独特のコクと味わいが特徴です。最高の土壌であるグランド・シャンパーニュとプティット・シャンパーニュで生産されたブドウをろ過をせず2回蒸留することで、アミノ酸を多く含んだブランデーに仕上げています。こちらのレミーマルタンは箱も付属しており高額になったと言えます。


Suntory 白州25年
買取ジャンル: ウィスキー
「Suntory 白州25年」は25年以上熟成させた原酒を厳選して造られたウィスキーです。クリーミーでありながらウッディーな原酒、芳醇な果実香が効いたシェリー樽の原酒、ピートを炊き込んだスモーキーな原酒を厳選し、じっくりと後熱に時間をかけて完成しました。近年評価を高めているジャパンウィスキーは、高額で取引きされる傾向があります。


SATEeeeお酒買取事務局から一言!バイセル東東京センターのここがおススメ!
「バイセル」はCMでもおなじみの多ジャンルの買取に対応してくれる買取店です。お酒のジャンルではウィスキーやブランデーに対応しており、専門の査定員により丁寧かつスピーディーに査定をしてくれます。全国展開している「バイセル」では、月間2万件の問い合わせがあり、訪問査定では実に80%のユーザーが成約をしています。年中24時間受付可能なため、忙しい人でも時間を気にせずに依頼できます。店舗での持ち込み査定を希望する東京都民の方は、北八王子駅から徒歩4分の「西東京センター」か、総武線の平井駅から徒歩4分の「東東京センター」に問い合わせると良いでしょう。

2-3.お酒買取専門店JOYLAB


	お酒買取専門店JOYLAB


買取店名
お酒買取専門店JOYLAB
WEBサイト
https://joylab.jp/purchase-information/
お酒買取専門店JOYLABの買取実績

ドン・ペリニヨン 2008
買取ジャンル: シャンパン
「ドン・ペリニヨン」は単一年に収穫された最高品質のブドウを原材料として造られるシャンパンです。2008年のドン・ペリニヨンは清々しい酸味と香りが特徴のシンプルなシャンパーニュに仕上がっています。「ドン・ペリニヨン」シリーズは高額取引きの対象となりやすいため、不用な品を持っている場合には一度査定をしてみてはいかがでしょうか。


ソウメイ ロゼ
買取ジャンル: シャンパン
「ソウメイ」はシャンパーニュ地方のブドウを原料としており、より最高品質のブドウを栽培するために、減農薬栽培法を採用しています。最近では日本でも有名になりつつあり、「ソウメイ」は糖質が少ないことが特徴的で、ダイエット中でも飲めるシャンパンとしても人気です。


シャトーレオヴィルラスカーズ 2003
買取ジャンル: ワイン
「シャトーレオヴィルラスカーズ 2003」は、ブランスのボルドー地方のなかでも最大級のシャトーで造られています。ワインの品質は一級シャトーで造られるものと遜色はなく、スーパーセカンドワインとして需要が高く、高額での買取に繋がったようです。


SATEeeeお酒買取事務局から一言!お酒買取専門店JOYLABのここがおススメ!
「お酒買取専門店JOYLAB」は、他ジャンルを扱う買取店よりもお酒の買取品目が多いことが特徴です。洋酒に加え、日本酒や焼酎にも対応しています。東京エリアでは渋谷店、新宿店、六本木店に実店舗を構えており、いずれも1Fの路面店なため明るく入りやすい雰囲気です。全国でも札幌、名古屋、心斎橋、小倉とアクセスしやすいエリアに実店舗を構えています。「お酒買取専門店JOYLAB」は東証一部上場企業の「JOYLAB株式会社」が運営しているため、価格の適正さも含めて安心して利用できることでしょう。

2-4.らくうる


	らくうる


買取店名
らくうる
WEBサイト
https://rakuuru.jp/record/category/alcohol/
らくうるの買取実績

ヘネシー Hennessy EXTRA エクストラ グリーンボトル
買取ジャンル: ブランデー
「ヘネシー Hennessy EXTRA エクストラ グリーンボトル」は、ヘネシーシリーズのなかでも人気の高い銘柄です。造られた年により古いものから新しいものまで種類が豊富で、古いものは高値での取引きが期待できます。現在では販売終了となっており、非常に貴重なお品だったためか、高額で買取されています。


バーボン ヴァレー24年 BOURBON VALLEY
買取ジャンル: ウィスキー
バーボンヴァレー社が製造しているアメリカンウィスキーです。バーボンは、スコッチに比べると甘めの風味がが特徴で、女性にも飲みやすいお酒です。1974年12月に蒸留し、1999年に限定5000本で販売された希少なお酒のため、高値での取引きとなりました。


MACALLAN マッカラン 25年 ウイスキー 700ml
買取ジャンル: ウィスキー
「MACALLAN マッカラン 25年 」はシェリー樽で25年間も熟成させた原酒を使用したウィスキーです。フルーティーな味わいが特徴ですが、ウィスキーらしいウッディーな香りもしっかり楽しめます。査定のお品は付属品の箱、ボトルの状態ともに非常に綺麗だったため高額査定になったようです。


SATEeeeお酒買取事務局から一言!らくうるのここがおススメ!
「らくうる」は東京都杉並区「らくうる方南店」と東京都文京区「茗荷谷店」の2店舗があり、東京エリアに密着した買取店です。実店舗は東京の2店舗ですが、全国からの査定依頼にも対応しており、送料や梱包剤費、査定費用は無料サービスを提供しています。お酒はシャンパン、ウィスキー、ワインブランデー、日本酒、焼酎、リキュール・スピリッツと買取品目が豊富で、洋酒の空き瓶の査定買取りサービスも実施しています。店舗改装や閉店で売却したいお酒の買取査定にも対応しており、まとめてお酒を査定したい人は「らくくる」での査定を検討してみてください。

2-5.お買取り屋さん


	お買取り屋さん


買取店名
お買取り屋さん
WEBサイト
https://otakara-aids.com/gallery/
お買取り屋さんの買取実績

Prince POLIGNAC VSOP
買取ジャンル: ブランデー
「Prince POLIGNAC VSOP」はヨーロッパを中心に人気の高いコニャックです。その歴史は古く、1947年にフランス貴族のポリニャック家から家名と紋章の使用を許された蒸留所で始まりました。1959年にデンマーク王フレデリック9世から賞賛されたことから、ヨーロッパ中に知られるブランデーになったといわれています。お持ちいただいた「ポリニャックVSOP」はグラス付きだったこともあり、高額での取引になっていました。


HENNESSY VSOP
買取ジャンル: ブランデー
ヘネシー社は原料の栽培や使用するオーク材、樽の製造まで徹底管理のもとブランデーを製造しています。「HENNESSY VSOP」は管理する25万樽の中から最高品質のものを厳選し、ブレンドされた口当たりの良いのブランデーです。査定のお品はスリムボトルで、ブランデー初心者にも需要が高いようです。


HENNESSY COGNAC EXTRA
買取ジャンル: ブランデー
この「HENNESSY COGNAC EXTRA」には「JA」が冠されていることから、年代が古いブランデーに分類されます。ブランデーは古いものの方が高値で取引きされる傾向にあるため、「古いから売れないだろう」と保管してあるお酒があれば、査定に出すことをおすすめします。


SATEeeeお酒買取事務局から一言!お買取り屋さんのここがおススメ!
「お買取り屋さん」は全国でグループ展開しており、東京都にお住いの方はどこのエリアからも電話やメール、LINEで買取査定を相談できます。持ち込み査定を希望される方は、世田谷区の「お買取り屋さん東京本店」を利用するとよいでしょう。世田谷区にある実店舗は、京王線笹塚駅から徒歩約8分でアクセスできます。また、「お買取り屋さん」では『お宝エイド』と呼ばれる社会貢献型のビジネスモデルを採用しており、買取りか寄付か選択できる仕組みも提供しています。

[area_text]

東京都のお酒買取まとめ

お酒を高値で売却するためには、「瓶の汚れ、付属品の有無、未開封」など、お酒そのものの保存状態と、なにより安心できる買取店で査定することが重要なポイントです。とくに初めてお酒の売却をする方は、買取業者選定に苦労されることでしょう。ご紹介した「キングラム」や「らくうる」など、東京エリアの買取店をぜひチェックしてみてください。そして、オンラインサービスの「SATEeee(サテイー)」での一括査定も活用してみましょう。こちらの記事でご紹介した東京エリアの優良買取店をご自身で探す手間が省け、簡単に一括査定を依頼できます。おすすめの店舗一覧や「SATEeee(サテイー)」の一括査定サービスを活用することで、効率的にお酒を売却できます。